スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆえに私は悪口を言う:前編

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ゆえに私は悪口を言う:後編

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ある日の電話:団塊汁編

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

団塊遭遇記(京都太秦編)

その日私は、四条?からちんちん電車に乗り、太秦広隆寺を訪れんとしていた。

駅に近づくと切符売り場の前に、リュックかついだ団塊どもが、わぁわぁと蚊柱のようにたかっている。列を作るでもなくただ飛び交っているだけだから、その後ろに並びようもない。

連中は好き勝手に販売機に近づき、近づいてからやっと運賃表を見たり財布を取り出していたりする。これはまぁ、我がA市の連中も同じだが、記憶によるとその言葉は以下の通り。

ただし私は東国人の上、文化人類学の訓練を受けてこなかったから、「~がな」とか、「~でぇ」とか、その団塊どもの言葉を正確に再現することは出来ない。やむなく関東語に置換して記すこととする。
img_434108_8937499_0.jpg

「おとうさん、どこまで乗るのでしたか」
「それは○○までです」
「○○とは、この表のどこにあるのですか」
「それは自分で見るものです。あなたはいつもそのようなことを言います」

「あ、おとうさん、10円玉を持っていませんか」
「持っていません」
「いいえ、あなたは持っているはずです。自分の財布を確認してください」
「100円玉かお札で払えばいいでしょう」
「わたしは自分のお札を崩すのを好まないのです。分かっているでしょう、本当に」
…まだ延々と続くのだが、とりあえずここまで。

さてそんな連中の間をすり抜けて、やっと私は切符を買ったのだが、ホームに向かえば上の通り団塊の押しくらまんじゅう状態。奴らのデイパックに下がった札を見ると、こいつらは原住民ではなく、どうやら京都近くの大きな都市から来た、歩こう会か何かの集団らしい。

その団塊にもまれながら、電車に詰め込まれる。
img_434108_8937499_1.jpg

画像でご覧の通り、なにやら瘴気のようなものまで漂っている。団塊は団塊汁*だけでなく、こんな毒ガスまで出すとは知らなんだ。うわぁー勘弁してくれ、団塊が伝染る。
----------
*団塊汁については、こちらを参照。
----------

途中の停留所に着くと、ホームで待っていた人々が、あきれたような顔をして車内を見ている。それをみた団塊ども、とたんにはしゃぎだしてこんなことを言う。

「乗る方がいるのですね」
「そうですね。でも乗れないですね」
「あ、○○さん、見てください。乗ろうとしている人がいますよ」
「控え目ではない人ですね。どうするつもりでしょう」
「無理だと思うのですが。わはははは」
「げらげらげら」

別の塊では、女団塊同士の話に打ち興じているのが居る。

220px-Umeboshi_20101209_c.jpg「それですからね、私はこの数年、この薬を肛門に塗っているのです」
「それはどこで買えるのですか」
「XX町のYYという薬屋です」
「あの顔の表皮が、まるでバラ科サクラ属の果実を干した食材のように、波のようになっているおばあさんが店番をしている店ですね」
「そうです。あのおばあさんも、これで肛門疾患を治したに違いないのです」
「果実の老婦人が、肛門の果実に薬を塗布しているのですね。塗った後、手を十分洗浄したのでしょうか。その薬にも、何か付いているかも知れませんよ。わはははは」
「清潔ではありませんね。わはははは」

マスクなしで瘴気に耐えねばならない私にとって、老年女性の肛門の話はさらにキツい。青ざめているとやっと太秦に近づき、降りますボタンを押そうとしたが届かない、団塊に阻まれて動くことも出来ぬ。

これらの団塊の住まう地域では、関東語で話す人間を敵視している、と聞いたことがある。そんなのが一人でのこのこ来ると、よってたかっていじめるとまでも。しかもそれを言ったのは、現地で生まれ育ち現住している人で、かなり真剣な表情だった。
加えて私には、たかじんがこれまで言ってきたこと、嘉門達夫が歌ってきたことの記憶もある。

恐ろしい。
ゆえに関東語しか話せない私が、済みませんとか空けてくださいとか、声を上げるとどうなるかと想像した。トラブルは避けねばならない。

仕方が無く手にした杖をそうぉ~と上げ、すぅ~っと伸ばしてボタンを押そうとすると、驚いた団塊どもが一斉にこっちを向いて、やっと手が伸ばせる状態となった。

降ります、降りますと言いつつ、停留所にまろび出る。電車は団塊どもを乗せたまま、ガタゴトと走り去っていった。
s-R0010715.jpg

いつもなら悪態の一つも付くところだが、気分が悪くとてもそれどころではない。
あ~、助かったぁ~。

テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

チュコクチン、暴れる

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

そんなつもりじゃなかった

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

カプセルというもの

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

チュコクチンがノーベル賞貰った件について

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

良い処(ところ)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ズナーミヤ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

本日のチュコク

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

補足

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

責任の取り方の一例

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

下流食いではなくバカ食い

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

それは無理だがごまかすことは出来る

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

少女譚

昨エントリの毒消しというわけではないが。

過日、金具を買いに近くのガテン物屋へ向かう。
目当ての一つに、ナイロンナットという、ゆるみ止めの付いたネジがあった。
ところが探せどそれはない。ちょうど棚を整理していたバイトとおぼしき少女に、ナイロンナットはどこかと聞いてみる。

ナイロンナットってなんですか、と逆に聞かれる。やはりバイトなのであろう。
これこれこういうの、と説明すると、少女はタイトジーンズの薄いお尻をひるがえし、レジの方へ走っていった。
駆け戻ってきて言うには、今切れてます、とのこと。
あらま、仕方ないねというわけで、カシメ形のゆるみ止めナットを代わりに買って精算した。

精算し終わってもう一度棚に戻り、様々な金物を眺めつつ、あんなことできるかこんなことも、と想像を楽しんでいると、件の少女が寄ってきて、ありましたナイロンナット、と差し出す。
ありゃ-、おいちゃんもう別の買っちゃったんだよと言うと、では取り替えましょうという。

でもね、カードで決済しちゃったから手続き手間かかるよと言うと、いえ、大丈夫ですやってみますと、平らな胸をそびやかして言った。
…おや。今時珍しい娘さんだこと、と感心したものである。

そういえば。
やはり近所に、薬屋兼何でも屋がある。
ここに美少女が一人いる。近くで見るとそれはもう大変なものだ。

ある日買い物の際、彼女が打っている背後のレジで、買い物を精算したことがあった。
途中レーザーが反応しない商品があり、私の相手をしていた店員が走って確認する間、美少女の後ろ姿が見える。
う~む、場末には稀、掃き溜めに鶴とはこのことかと、ほれぼれと眺めていると。

その時。
キッ、と少女が振り向き、私と視線を合わせた。
おおお、勘まで鋭いぞこの娘。今時珍しいことだと、感心したものである。
画像出典:http://www.craftsinindia.com

今少女と書いたがそこはおっさんゆえ、年下の歳なぞもう区別が付かない。
薬屋の娘は高校生ぐらいであろうが、金物屋の娘は、ことによると20代前半かも知れぬ。

ハイティーンの頃、20代前半と言えばずいぶんとおばさんのように感じていたものだが、ならば彼女らにとって私は、間違いなくおっさんであり、ことによるとじいさんかも知れない。

生きてる限りにおいて、男はやがて爺になる。ならざるを得ない、と鳶魚先生も確か書いていた。
私のせいではないのである。

非常識

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

歴史家として尖閣の由来とゆくえを見る

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

男はつらいよ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

サンポールで顔を洗って…

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ここ本当に日本か?

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

中国のアキレス腱は詰め込み教育?

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

苛政は虎よりも

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

そんなことできるの?

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

誰が見張るのか?

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

このごろのチュコク

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ネズミ退治

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

白人にだまされている内が花

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

真である場合はあるが善でも美でもない

まず平沼という男が登場する。彼は気が狂っていた*。狂ってはいたが試験秀才ではあったようで、帝大法科を首席で卒業する。

卒業後あちこちで役人をしていたのだが、検事だった時に格好の出世の機会がやってきた。ある山奥で不平家の若い男が、そば屋にあるようなトウガラシの卓上缶に粗末な火薬を詰め、爆ぜさせたり妄想に耽ったりしていた。貧乏なオタクがあぶないナイフを買って、部屋でにやにやしているのとよく似ている。

いなかの警察署からその話を聞いた平沼は、ここに利権のニオイを嗅ぎつけ、事を大げさにして社会主義者の一大検挙事件に仕立て上げた。世に言う大逆事件である。トウガラシ缶で天皇を暗殺しようとしたと言いがかりを付け、不平家につながりのあった人物を片端から収監した。

著名な幸徳秋水をはじめ、収監者のほとんどはトウガラシ男を気違いと見てまともに相手をしていなかったのだが、平沼は片端から暗殺事件の一味だと決めてしまった。中にはむかし幸徳とちょっと交友があっただけという、地方の篤農家まで引っ張った。

その篤農家を密かに監視していた警察の記録によれば、言動行動に全く怪しいところは見られず、ただ農業改良にいそしんでいただけという(→)。

平沼は証人も呼ばず法廷を非公開にし、しかも初審だけで、ほぼ全員を処刑するかあるいは獄死させた。証拠もないから、証拠は被告の思想がそれだ、と、法治のしもべにあるまじきことまで言い放ったらしい。

これが社会主義嫌いの元老に可愛がられるきっかけとなり、検事総長や大審院長、はては首相まで務めることになった。平沼は「日本は神の国じゃ」というのが口癖で、それゆえまともな頭を持つ元老からは、アブナイ奴だと嫌われていたにもかかわらずである。汚れ仕事は世間に付きものだが、風呂にも入らぬ汚れ者が、金看板になるのは諸人の迷惑だ、というのが以下の話である。

平沼の出世には、維新当時の倒幕勢力が力を付けるため、田舎の神がかりな気違いをも集めて気勢を上げざるを得なかった、という事情が関係していた。借金の取り立てや利権・官職あさりならば、乞食を集めて騒ぐ程度で済むが、2世紀半続いた幕府政府の転覆というのは容易なことではない。

しかももっと困ったことには、維新が成功したために、こうした気違いが体制内の一勢力として根を張ってしまったことである。それが一助となって平沼が栄達したわけだが、気違いを最高法官や首相に据えるなど、大日本帝国憲法下の体制というのが、いかに脆弱なものであったかがよく分かる。

ただし、平沼の気違いは、少し趣を異にする。養子のとある政治家によると、平沼の言い分はこういう事であった。
----------
平沼騏一郎の理想は、人道の窮極「仁愛」が基調の道義国家、すなわち「神ながら」の国家をこの地球上に顕現することであった。徳を本とし、公正無私、絶対平和の天皇を中心に人が皆家族の如く、互に愛し合い、扶け合い、慈しみ合う理想郷をこの世に実現することであったのである。
出典:http://www.hiranuma.org/japan/talk/fire_06.html
----------

平沼はこれを他人には強制した。自分ではやらない。出世のためなら無実の人間を何人殺そうと、眉一つ動かさないのだから、当人には愛も扶け合いも慈しみもあったものではない。我欲のために法を曲げて弾圧行為を楽しんだのも、大逆事件ばかりではない(例1例2)。実際、心から神を信じていたのかも怪しいものだ。我欲の猛烈なサディストというわけで、気違いの趣が異なるというゆえんである。

平沼はそこは秀才だけあって、法を作ったりいじくり回したりする実務には長けていたようだ。その中には現実に即したと言えなくはない行為もある。その意味で真ではある、こともあった。しかし上記のように、善では決してない。

敗戦時、平沼は占領軍に捕らえられ収監された。獄の中で平沼は、深夜に泣き叫ぶなど、奇行が多かったらしい。この意味で美でもない。何かと問題山積の東京裁判だが、平沼をくくってしまわなかったことは、泥に更に泥を塗る景色と言うべきだろう。

平沼のような秀才官僚は、特定の時空で何が真かを的確につかむ、ことがある。しかしそれが時空や立場を超えて妥当であるかはわからない、ということがわからない。目前の試験や実務に向けた知識こそ猛烈に勉強してはきたが、要は教養が無いか足りないのである。

狭隘な合目的的に特化し進化した精密機械、という意味で、この手の秀才は昆虫に似ている。事実平沼は首相だったとき、ヨーロッパ情勢をまるで見極めることができずに辞職に追い込まれた。全能感に包まれっぱなしだった甘い男が、「複雑怪奇」という言い訳をするのはまことにふさわしい。

平沼の言う、日本は神の国じゃなどというタワゴトでさえ、特定の時に特定の趣味人の間では、真であることが無くもない。しかし趣味の違う他人にその話は通じない。欲を同じくしていないからだ。まして文化を異とする外国人に聞かせたなら、間違いなく脳か精神医学上の病人だと思われるだろう。

加えて人間はそもそも我欲を離れ得ない生き物である。解脱した者を佛=人で弗(な)し、と書くのはまことに当を得ている。そんな欲にまみれた者が、自分もまた性器をぶら下げた俗物であることに強く留意しないまま、偉そうに事象を見極め真偽を判断するなどほとんど期待出来ない道理である。判断する主体が欲そのものだからだ。だから、ボクは特別、などということを、上記のように平気で言い出す。

そこに権力が加われば、我欲はますます猛り狂うことになる。賢いボクタチ、何でも分かっていると思い上がった生き物が、あろうことか警察や軍隊といった刃物まで持っているのだから、危ながって世間が甘やかしに甘やかすからだ。世間が甘やかさねば、こういう格好をして平気で往来を歩けるわけがない。
hiranuma_20130104135613.gif

賢いかも知れんが真善美のそろわぬ**連中に、人殺しの権限を与えると、世の中こういう事になるのだ。しかもこの手の気違いは顔に出やすい。わかりやすいことだ、よくよく観察すれば簡単だろう。

*無論、筒井御大『虚航船団』のパクリである。
なお大逆事件のでっち上げを、最高裁は今も認めず再審を棄却している。審理の記録も、聞くところに依ると未だ非公開という。隠しておけば、あるいは夜陰に乗じて記録を廃棄してしまえば、賢いボクタチにしか、本当のところを探り出せないだろうという、教養の無さと思い上がりの足しっぱなしがそこに見える。

ポンニチの司法役人というのがどのような生き物か、これは戦前も今も変わっていないような気がする。

また私はアカを忌み嫌っているが、それは見聞きしたアカはごくわずかの例外を除いて、ごろつきのような連中ばかりだったからだ。トーマス・マンの言うナチと異なり、アカと知的と良心的は同時に成立しうることを見聞きしたが、大多数のアカは知的でもなく良心的でもない。

しかしアカだからと言って何も悪さもしないのに、首をくくってしまうなど許せることではない。

不愉快だからくくってしまうと言うなら、環境に多様性がなければいかなる生き物も生き延びられない事実を想起したらどうだろう。それを思いもしないから、やはり、教養がないと言うのである。

**:連中は真善美をそろえたかのように人をたぶらかすことには熱心だが、そろえることには全く興味がない。だまされてはいけない。無論、人は真善美でなくとも一向にかまわないどころかそれが当たり前である。しかしそんな奴らに人殺しをのうのうと可能にさせ、罰されもしないのは、私にとって迷惑である。

ニースの巡洋艦

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

エントロピー

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

初雪や

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

旅の中での雑感

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

返り討ちにしてくれるわ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

脂肪遊技

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

無能ゆえナイーブでない

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ミンミンのおわり

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

のんびりと口など開けていてはいけない

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

真・三民主義

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

徳=得

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

小説・タン君

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

バッカンバッカン

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

団塊遭遇記(やませみの湯編)・上

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

団塊遭遇記(やませみの湯編)・中

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

団塊遭遇記(やませみの湯編)・下

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

チュコクチン、殺す

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

邪馬台国論争

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

団塊とかふかふ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

チュコクチン、叫ぶ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ちん小話

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
プロフィール

九去堂

Author:九去堂
乗騎と、美酒と、かくもロクでもないこの運命を讃えて


九去堂(きゅうきょどう)、またの名を他莫阿弥(たもあみ)、逐電齋、不羈庵(ふきあん)。賭場往来人、ケロ教徒、大学院デビューの不良。天涯孤独にしてあるじを持たず。よく酒を飲み、煙をふかし、馬に騎り、わずかに稼ぐ。世になきものはこの手で作るべしと思へり。晴読雨読、時に刀槍を振るう。振らば稽古なりとも、仇なさぬに得物を当てるを嫌う。死後に世無く、生前も無し。バクチを嫌い仏法を好むラララ科学の子なれば、神無くまた唯物の誤りをも知る。

人知らずして憂いなし。

カウンタ
リンク
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。